てんびんなどの器機について演習をしました

後皿てんびんなどについて練習をしました。てんびんは、平坦な台に置いて使います。後皿てんびんのやり方は、取り扱う前は、うでのナンバーと皿のナンバーを合わせてのせます。針が形成に等しくさわるようにとりまとめねじを併せます。使った後は、分銅をマテリアルどおりに分銅器にしまう。そして、皿を一方に繰り返します。分銅は重たい産物からよりのせてつり合わせ、合計を勧めます。形成の皿に薬包紙を置きます。決めた質量の分銅をのせます。薬品を少しずつのせていってつり合わせます。次は、電子てんびんのやり方についてだ。何ものせていないときの表現板が0gとなるようにセットしてはかります。薬品を企てるときは、薬包紙をのせて、表現板の数量を0にもどします。表現板の数量がはかりとりたい数量になるように、用心深く薬品を薬包紙にのせていきます。次は、メスシリンダーのやり方についてだ。意外と、はかりとれる極限体積と1視線もりは何立方センチメートルかを確かめます。いやに勉強になりました。アコム 本審査 時間